新約聖書

The Gospel According to Saint Mark
マルコによる福音書 第11章

 
TOPマルコによる福音書
スポンサードリンク
 11-1  And when they draw nigh unto Jerusalem, unto Bethphage and Bethany, at the mount of Olives, he sendeth two of his disciples,  さて、彼らがエルサレムに近づき、オリブの山に沿ったベテパゲ、ベタニヤの附近にきた時、イエスはふたりの弟子をつかわして言われた、
 11-2  and saith unto them, Go your way into the village that is over against you: and straightway as ye enter into it, ye shall find a colt tied, whereon no man ever yet sat; loose him, and bring him.  「むこうの村へ行きなさい。そこにはいるとすぐ、まだだれも乗ったことのないろばの子が、つないであるのを見るであろう。それを解いて引いてきなさい。
 11-3  And if any one say unto you, Why do ye this? say ye, The Lord hath need of him; and straightway he will send him back hither.  もし、だれかがあなたがたに、なぜそんな事をするのかと言ったなら、主がお入り用なのです。またすぐ、ここへ返してくださいますと、言いなさい」。
 11-4  11:4 And they went away, and found a colt tied at the door without in the open street; and they loose him.  そこで、彼らは出かけて行き、そして表通りの戸口に、ろばの子がつないであるのを見たので、それを解いた。
 11-5  And certain of them that stood there said unto them, What do ye, loosing the colt  すると、そこに立っていた人々が言った、「そのろばの子を解いて、どうするのか」。
 11-6  And they said unto them even as Jesus had said: and they let them go.  弟子たちは、イエスが言われたとおり彼らに話したので、ゆるしてくれた。
 11-7  And they bring the colt unto Jesus, and cast on him their garments; and he sat upon him.  そこで、弟子たちは、そのろばの子をイエスのところに引いてきて、自分たちの上着をそれに投げかけると、イエスはその上にお乗りになった。
 11-8  And many spread their garments upon the way; and others branches, which they had cut from the fields.  すると多くの人々は自分たちの上着を道に敷き、また他の人々は葉のついた枝を野原から切ってきて敷いた。
 11-9  And they that went before, and they that followed, cried, Hosanna; Blessed is he that cometh in the name of the Lord:  そして、前に行く者も、あとに従う者も共に叫びつづけた、「ホサナ、主の御名によってきたる者に、祝福あれ。
 11-10  Blessed is the kingdom that cometh, the kingdom of our father David: Hosanna in the highest.  今きたる、われらの父ダビデの国に、祝福あれ。いと高き所に、ホサナ」。
 11-11  And he entered into Jerusalem, into the temple; and when he had looked round about upon all things, it being now eventide, he went out unto Bethany with the twelve.  こうしてイエスはエルサレムに着き、宮にはいられた。そして、すべてのものを見まわった後、もはや時もおそくなっていたので、十二弟子と共にベタニヤに出て行かれた。
 11-12  And on the morrow, when they were come out from Bethany, he hungered.  翌日、彼らがベタニヤから出かけてきたとき、イエスは空腹をおぼえられた。
 11-13  And seeing a fig tree afar off having leaves, he came, if haply he might find anything thereon: and when he came to it, he found nothing but leaves; for it was not the season of figs.  そして、葉の茂ったいちじくの木を遠くからごらんになって、その木に何かありはしないかと近寄られたが、葉のほかは何も見当らなかった。いちじくの季節でなかったからである。
 11-14  And he answered and said unto it, No man eat fruit from thee henceforward for ever. And his disciples heard it.  そこで、イエスはその木にむかって、「今から後いつまでも、おまえの実を食べる者がないように」と言われた。弟子たちはこれを聞いていた。
 11-15  And they come to Jerusalem: and he entered into the temple, and began to cast out them that sold and them that bought in the temple, and overthrew the tables of the money-changers, and the seats of them that sold the doves;  それから、彼らはエルサレムにきた。イエスは宮に入り、宮の庭で売り買いしていた人々を追い出しはじめ、両替人の台や、はとを売る者の腰掛をくつがえし、
 11-16  and he would not suffer that any man should carry a vessel through the temple.  また器ものを持って宮の庭を通り抜けるのをお許しにならなかった。
 11-17  and he would not suffer that any man should carry a vessel through the temple.  そして、彼らに教えて言われた、「『わたしの家は、すべての国民の祈の家ととなえらるべきである』と書いてあるではないか。それだのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしてしまった」。
 11-18  And the chief priests and the scribes heard it, and sought how they might destroy him: for they feared him, for all the multitude was astonished at his teaching.  祭司長、律法学者たちはこれを聞いて、どうかしてイエスを殺そうと計った。彼らは、群衆がみなその教に感動していたので、イエスを恐れていたからである。
 11-19  And every evening he went forth out of the city.  夕方になると、イエスと弟子たちとは、いつものように都の外に出て行った。
 11-20  And as they passed by in the morning, they saw the fig tree withered away from the roots.  朝はやく道をとおっていると、彼らは先のいちじくが根元から枯れているのを見た。
 11-21  And Peter calling to remembrance saith unto him, Rabbi, behold, the fig tree which thou cursedst is withered away.  そこで、ペテロは思い出してイエスに言った、「先生、ごらんなさい。あなたがのろわれたいちじくが、枯れています」。
 11-22  And Jesus answering saith unto them, Have faith in God.  イエスは答えて言われた、「神を信じなさい。
 11-23  Verily I say unto you, Whosoever shall say unto this mountain, Be thou taken up and cast into the sea; and shall not doubt in his heart, but shall believe that what he saith cometh to pass; he shall have it.  よく聞いておくがよい。だれでもこの山に、動き出して、海の中にはいれと言い、その言ったことは必ず成ると、心に疑わないで信じるなら、そのとおりに成るであろう。
 11-24  Therefore I say unto you, All things whatsoever ye pray and ask for, believe that ye receive them, and ye shall have them.  そこで、あなたがたに言うが、なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう。
 11-25  And whensoever ye stand praying, forgive, if ye have aught against any one; that your Father also who is in heaven may forgive you your trespasses.  また立って祈るとき、だれかに対して、何か恨み事があるならば、ゆるしてやりなさい。そうすれば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう。
 11-26  But if ye do not forgive, neither will your Father who is in heaven forgive your trespasses.  また立って祈るとき、だれかに対して、何か恨み事があるならば、ゆるしてやりなさい。そうすれば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう。
 11-27 And they come again to Jerusalem: and as he was walking in the temple, there come to him the chief priests, and the scribes, and the elders;  彼らはまたエルサレムにきた。そして、イエスが宮の内を歩いておられると、祭司長、律法学者、長老たちが、みもとにきて言った、
 11-28  and they said unto him, By what authority doest thou these things? or who gave thee this authority to do these things?  「何の権威によってこれらの事をするのですか。だれが、そうする権威を授けたのですか」。
 11-29  And Jesus said unto them, I will ask of you one question, and answer me, and I will tell you by what authority I do these things.  そこで、イエスは彼らに言われた、「一つだけ尋ねよう。それに答えてほしい。そうしたら、何の権威によって、わたしがこれらの事をするのか、あなたがたに言おう。
 11-30  baptism of John, was it from heaven, or from men? answer me.  ヨハネのバプテスマは天からであったか、人からであったか、答えなさい」。
 11-31  And they reasoned with themselves, saying, If we shall say, From heaven; He will say, Why then did ye not believe him?  すると、彼らは互に論じて言った、「もし天からだと言えば、では、なぜ彼を信じなかったのか、とイエスは言うだろう。
 11-32  But should we say, From men--they feared the people: for all verily held John to be a prophet.  しかし、人からだと言えば……」。彼らは群衆を恐れていた。人々が皆、ヨハネを預言者だとほんとうに思っていたからである。
 11-33  And they answered Jesus and say, We know not. And Jesus saith unto them, Neither tell I you by what authority I do these things.  それで彼らは「わたしたちにはわかりません」と答えた。するとイエスは言われた、「わたしも何の権威によってこれらの事をするのか、あなたがたに言うまい」。