The Book of Job
ヨブ記 第31章

31-1 I made a covenant with mine eyes;How then should I look upon a virgin? わたしは、わたしの目と契約を結んだ、どうして、おとめを慕うことができようか。
31-2 For what is the portion from God above,And the heritage from the Almighty on high? もしそうすれば上から神の下される分はどんなであろうか。高き所から全能者の与えられる嗣業はどんなであろうか。
31-3 Is it not calamity to the unrighteous,And disaster to the workers of iniquity? 不義なる者には災が下らないであろうか。悪をなす者には災難が臨まないであろうか。
31-4 Doth not he see my ways,And number all my steps? 彼はわたしの道をみそなわし、わたしの歩みをことごとく数えられぬであろうか。
31-5 If I have walked with falsehood,And my foot hath hasted to deceit もし、わたしがうそと共に歩み、わたしの足が偽りにむかって急いだことがあるなら、
31-6 (Let me be weighed in an even balance,That God may know mine integrity); (正しいはかりをもってわたしを量れ、そうすれば神はわたしの潔白を知られるであろう。)
31-7 If my step hath turned out of the way,And my heart walked after mine eyes,And if any spot hath cleaved to my hands: もしわたしの歩みが、道をはなれ、わたしの心がわたしの目にしたがって歩み、わたしの手に汚れがついていたなら、
31-8 Then let me sow, and let another eat;Yea, let the produce of my field be rooted out. わたしのまいたのを他の人が食べ、わたしのために成長するものが、抜き取られてもかまわない。
31-9 If my heart hath been enticed unto a woman,And I have laid wait at my neighbor’s door; もし、わたしの心が、女に迷ったことがあるか、またわたしが隣り人の門で待ち伏せしたことがあるなら、
31-10 Then let my wife grind unto another,And let others bow down upon her. わたしの妻が他の人のためにうすをひき、他の人が彼女の上に寝てもかまわない。
31-11 For that were a heinous crime;Yea, it were an iniquity to be punished by the judges: これは重い罪であって、さばきびとに罰せられるべき悪事だからである。
31-12 For it is a fire that consumeth unto Destruction,And would root out all mine increase. これは滅びに至るまでも焼きつくす火であって、わたしのすべての産業を根こそぎ焼くであろう。
31-13 If I have despised the cause of my man-servant or of my maid-servant,When they contended with me; わたしのしもべ、また、はしためがわたしと言い争ったときに、わたしがもしその言い分を退けたことがあるなら、
31-14 What then shall I do when God riseth up?And when he visiteth, what shall I answer him? 神が立ち上がられるとき、わたしはどうしようか、神が尋ねられるとき、なんとお答えしようか。
31-15 Did not he that made me in the womb make him?And did not one fashion us in the womb? わたしを胎内に造られた者は、彼をも造られたのではないか。われわれを腹の内に形造られた者は、ただひとりではないか。
31-16 If I have withheld the poor from their desire,Or have caused the eyes of the widow to fail, わたしがもし貧しい者の願いを退け、やもめの目を衰えさせ、
31-17 Or have eaten my morsel alone,And the fatherless hath not eaten thereof あるいはわたしひとりで食物を食べて、みなしごに食べさせなかったことがあるなら、
31-18 (Nay, from my youth he grew up with me as with a father,And her have I guided from my mother’s womb); (わたしは彼の幼い時から父のように彼を育て、またその母の胎を出たときから彼を導いた。)
31-19 If I have seen any perish for want of clothing,Or that the needy had no covering; もし着物がないために死のうとする者や、身をおおう物のない貧しい人をわたしが見た時に、
31-20 If his loins have not blessed me,And if he hath not been warmed with the fleece of my sheep; その腰がわたしを祝福せず、また彼がわたしの羊の毛で暖まらなかったことがあるなら、
31-21 If I have lifted up my hand against the fatherless,Because I saw my help in the gate: もしわたしを助ける者が門におるのを見て、みなしごにむかってわたしの手を振り上げたことがあるなら、
31-22 Then let my shoulder fall from the shoulder-blade,And mine arm be broken from the bone. わたしの肩骨が、肩から落ち、わたしの腕が、つけ根から折れてもかまわない。
31-23 For calamity from God is a terror to me,And by reason of his majesty I can do nothing. わたしは神から出る災を恐れる、その威光の前には何事もなすことはできない。
31-24 If I have made gold my hope,And have said to the fine gold, Thou art my confidence; わたしがもし金をわが望みとし、精金をわが頼みと言ったことがあるなら、
31-25 If I have rejoiced because my wealth was great,And because my hand had gotten much; わたしがもしわが富の大いなる事と、わたしの手に多くの物を獲た事とを喜んだことがあるなら、
31-26 If I have beheld the sun when it shined,Or the moon walking in brightness, わたしがもし日の輝くのを見、または月の照りわたって動くのを見た時、
31-27 And my heart hath been secretly enticed,And my mouth hath kissed my hand: 心ひそかに迷って、手に口づけしたことがあるなら、
31-28 This also were an iniquity to be punished by the judges;For I should have denied the God that is above. これもまたさばきびとに罰せらるべき悪事だ。わたしは上なる神を欺いたからである。
31-29 If I have rejoiced at the destruction of him that hated me,Or lifted up myself when evil found him; わたしがもしわたしを憎む者の滅びるのを喜び、または災が彼に臨んだとき、勝ち誇ったことがあるなら、
31-30 (Yea, I have not suffered by mouth to sinBy asking his life with a curse); (わたしはわが口に罪を犯させず、のろいをもって彼の命を求めたことはなかった。)
31-31 If the men of my tent have not said,Who can find one that hath not been filled with his meat? もし、わたしの天幕の人々で、『だれか彼の肉に飽きなかった者があるか』と、言わなかったことがあるなら、
31-32 (The sojourner hath not lodged in the street;But I have opened my doors to the traveller); (他国人はちまたに宿らず、わたしはわが門を旅びとに開いた。)
31-33 If like Adam I have covered my transgressions,By hiding mine iniquity in my bosom, わたしがもし人々の前にわたしのとがをおおい、わたしの悪事を胸の中に隠したことがあるなら、
31-34 Because I feared the great multitude,And the contempt of families terrified me,So that I kept silence, and went not out of the door- わたしが大衆を恐れ、宗族の侮りにおぢて、口を閉じ、門を出なかったことがあるなら、
31-35 Oh that I had one to hear me!(Lo, here is my signature, let the Almighty answer me);And that I had the indictment which mine adversary hath written! ああ、わたしに聞いてくれる者があればよいのだが、(わたしのかきはんがここにある。どうか、全能者がわたしに答えられるように。)ああ、わたしの敵の書いた告訴状があればよいのだが。
31-36 Surely I would carry it upon my shoulder;I would bind it unto me as a crown: わたしは必ずこれを肩に負い、冠のようにこれをわが身に結び、
31-37 I would declare unto him the number of my steps;As a prince would I go near unto him. わが歩みの数を彼に述べ、君たる者のようにして、彼に近づくであろう。
31-38 If my land crieth out against me,And the furrows thereof weep together; もしわが田畑がわたしに向かって呼ばわり、そのうねみぞが共に泣き叫んだことがあるなら、
31-39 If I have eaten the fruits thereof without money,Or have caused the owners thereof to lose their life: もしわたしが金を払わないでその産物を食べ、その持ち主を死なせたことがあるなら、
31-40 Let thistles grow instead of wheat,And cockle instead of barley.The words of Job are ended. 小麦の代りに、いばらがはえ、大麦の代りに雑草がはえてもかまわない」。ヨブの言葉は終った。