The Epistle of Paul the Apostle to the Colossians
コロサイ人への手紙 第4章

4-1 Masters, render unto your servants that which is just and equal; knowing that ye also have a Master in heaven. 主人たる者よ、僕を正しく公平に扱いなさい。あなたがたにも主が天にいますことが、わかっているのだから。
4-2 Continue stedfastly in prayer, watching therein with thanksgiving; 目をさまして、感謝のうちに祈り、ひたすら祈り続けなさい。
4-3 withal praying for us also, that God may open unto us a door for the word, to speak the mystery of Christ, for which I am also in bonds; 同時にわたしたちのためにも、神が御言のために門を開いて下さって、わたしたちがキリストの奥義を語れるように(わたしは、実は、そのために獄につながれているのである)、
4-4 that I may make it manifest, as I ought to speak. また、わたしが語るべきことをはっきりと語れるように、祈ってほしい。
4-5 Walk in wisdom toward them that are without, redeeming the time. 今の時を生かして用い、そとの人に対して賢く行動しなさい。
4-6 Let your speech be always with grace, seasoned with salt, that ye may know how ye ought to answer each one. いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。そうすれば、ひとりびとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。
4-7 All my affairs shall Tychicus make known unto you, the beloved brother and faithful minister and fellow-servant in the Lord: わたしの様子については、主にあって共に僕であり、また忠実に仕えている愛する兄弟テキコが、あなたがたにいっさいのことを報告するであろう。
4-8 whom I have sent you for this very purpose, that ye may know our state, and that he may comfort your hearts; わたしが彼をあなたがたのもとに送るのは、わたしたちの様子を知り、また彼によって心に励ましを受けるためなのである。
4-9 together with Onesimus, the faithful and beloved brother, who is one of you. They shall make known unto you all things that are done here. あなたがたのひとり、忠実な愛する兄弟オネシモをも、彼と共に送る。彼らはあなたがたに、こちらのいっさいの事情を知らせるであろう。
4-10 Aristarchus my fellow-prisoner saluteth you, and Mark, the cousin of Barnabas (touching whom ye received commandments; if he come unto you, receive him), わたしと一緒に捕われの身となっているアリスタルコと、バルナバのいとこマルコとが、あなたがたによろしくと言っている。このマルコについては、もし彼があなたがたのもとに行くなら、迎えてやるようにとのさしずを、あなたがたはすでに受けているはずである。
4-11 and Jesus that is called Justus, who are of the circumcision: these only are my fellow-workers unto the kingdom of God, men that have been a comfort unto me. また、ユストと呼ばれているイエスからもよろしく。割礼の者の中で、この三人だけが神の国のために働く同労者であって、わたしの慰めとなった者である。
4-12 Epaphras, who is one of you, a servant of Christ Jesus, saluteth you, always striving for you in his prayers, that ye may stand perfect and fully assured in all the will of God. あなたがたのうちのひとり、キリスト・イエスの僕エパフラスから、よろしく。彼はいつも、祈のうちであなたがたを覚え、あなたがたが全き人となり、神の御旨をことごとく確信して立つようにと、熱心に祈っている。
4-13 For I bear him witness, that he hath much labor for you, and for them in Laodicea, and for them in Hierapolis. わたしは、彼があなたがたのため、またラオデキヤとヒエラポリスの人々のために、ひじょうに心労していることを、証言する。
4-14 Luke, the beloved physician, and Demas salute you. 愛する医者ルカとデマスとが、あなたがたによろしく。
4-15 Salute the brethren that are in Laodicea, and Nymphas, and the church that is in their house. ラオデキヤの兄弟たちに、またヌンパとその家にある教会とに、よろしく。
4-16 And when this epistle hath been read among you, cause that it be read also in the church of the Laodiceans; and that ye also read the epistle from Laodicea. この手紙があなたがたの所で朗読されたら、ラオデキヤの教会でも朗読されるように、取り計らってほしい。またラオデキヤからまわって来る手紙を、あなたがたも朗読してほしい。
4-17 And say to Archippus, Take heed to the ministry which thou hast received in the Lord, that thou fulfil it. アルキポに、「主にあって受けた務をよく果すように」と伝えてほしい。
4-18 The salutation of me Paul with mine own hand. Remember my bonds. Grace be with you. パウロ自身が、手ずからこのあいさつを書く。わたしが獄につながれていることを、覚えていてほしい。恵みが、あなたがたと共にあるように。