The Fifth Book of Moses, called Deuteronomy
申命記 第14章

14-1 Ye are the children of Jehovah your God: ye shall not cut yourselves, nor make any baldness between your eyes for the dead. あなたがたはあなたがたの神、主の子供である。死んだ人のために自分の身に傷をつけてはならない。また額の髪をそってはならない。
14-2 For thou art a holy people unto Jehovah thy God, and Jehovah hath chosen thee to be a people for his own possession, above all peoples that are upon the face of the earth. あなたはあなたの神、主の聖なる民だからである。主は地のおもてのすべての民のうちからあなたを選んで、自分の宝の民とされた。
14-3 Thou shalt not eat any abominable thing. 忌むべき物は、どんなものでも食べてはならない。
14-4 These are the beasts which ye may eat: the ox, the sheep, and the goat, あなたがたの食べることができる獣は次のとおりである。すなわち牛、羊、やぎ、
14-5 the hart, and the gazelle, and the roebuck, and the wild goat, and the pygarg, and the antelope, and the chamois. 雄じか、かもしか、こじか、野やぎ、くじか、おおじか、野羊など、
14-6 And every beast that parteth the hoof, and hath the hoof cloven in two, and cheweth the cud, among the beasts, that may ye eat. 獣のうち、すべて、ひずめの分れたもの、ひずめが二つに切れたもので、反芻するものは食べることができる。
14-7 Nevertheless these ye shall not eat of them that chew the cud, or of them that have the hoof cloven: the camel, and the hare, and the coney; because they chew the cud but part not the hoof, they are unclean unto you. ただし、反芻するものと、ひずめの分れたもののうち、次のものは食べてはならない。すなわち、らくだ、野うさぎ、および岩だぬき、これらは反芻するけれども、ひずめが分れていないから汚れたものである。
14-8 And the swine, because he parteth the hoof but cheweth not the cud, he is unclean unto you: of their flesh ye shall not eat, and their carcasses ye shall not touch. また豚、これは、ひずめが分れているけれども、反芻しないから、汚れたものである。その肉を食べてはならない。またその死体に触れてはならない。
14-9 These ye may eat of all that are in the waters: whatsoever hath fins and scales may ye eat; 水の中にいるすべての物のうち、次のものは食べることができる。すなわち、すべて、ひれと、うろこのあるものは、食べることができる。
14-10 and whatsoever hath not fins and scales ye shall not eat; it is unclean unto you. すべて、ひれと、うろこのないものは、食べてはならない。これは汚れたものである。
14-11 Of all clean birds ye may eat. すべて清い鳥は食べることができる。
14-12 But these are they of which ye shall not eat: the eagle, and the gier-eagle, and the ospray, ただし、次のものは食べてはならない。すなわち、はげわし、ひげはげわし、みさご、
14-13 and the glede, and the falcon, and the kite after its kind, 黒とび、はやぶさ、とびの類。
14-14 and every raven after its kind, 各種のからすの類。
14-15 and the ostrich, and the night-hawk, and the sea-mew, and the hawk after its kind, だちょう、夜たか、かもめ、たかの類。
14-16 the little owl, and the great owl, and the horned owl, ふくろう、みみずく、むらさきばん、
14-17 and the pelican, and the vulture, and the cormorant, ペリカン、はげたか、う、
14-18 and the stork, and the heron after its kind, and the hoopoe, and the bat. こうのとり、さぎの類。やつがしら、こうもり。
14-19 And all winged creeping things are unclean unto you: they shall not be eaten. またすべて羽があって這うものは汚れたものである。それを食べてはならない。 14:20すべて翼のある清いものは食べることができる。
14-20 Of all clean birds ye may eat. すべて翼のある清いものは食べることができる。
14-21 Ye shall not eat of anything that dieth of itself: thou mayest give it unto the sojourner that is within thy gates, that he may eat it; or thou mayest sell it unto a foreigner: for thou art a holy people unto Jehovah thy God. Thou shalt not boil a kid in its mother’s milk. すべて自然に死んだものは食べてはならない。町の内におる寄留の他国人に、それを与えて食べさせることができる。またそれを外国人に売ってもよい。あなたはあなたの神、主の聖なる民だからである。子やぎをその母の乳で煮てはならない。
14-22 Thou shalt surely tithe all the increase of thy seed, that which cometh forth from the field year by year. あなたは毎年、畑に種をまいて獲るすべての産物の十分の一を必ず取り分けなければならない。
14-23 And thou shalt eat before Jehovah thy God, in the place which he shall choose, to cause his name to dwell there, the tithe of thy grain, of thy new wine, and of thine oil, and the firstlings of thy herd and of thy flock; that thou mayest learn to fear Jehovah thy God always. そしてあなたの神、主の前、すなわち主がその名を置くために選ばれる場所で、穀物と、ぶどう酒と、油との十分の一と、牛、羊のういごを食べ、こうして常にあなたの神、主を恐れることを学ばなければならない。
14-24 And if the way be too long for thee, so that thou art not able to carry it, because the place is too far from thee, which Jehovah thy God shall choose, to set his name there, when Jehovah thy God shall bless thee; ただし、その道があまりに遠く、あなたの神、主がその名を置くために選ばれる場所が、非常に遠く離れていて、あなたの神、主があなたを恵まれるとき、それを携えて行くことができないならば、
14-25 then shalt thou turn it into money, and bind up the money in thy hand, and shalt go unto the place which Jehovah thy God shall choose: あなたはその物を金に換え、その金を包んで手に取り、あなたの神、主が選ばれる場所に行き、
14-26 and thou shalt bestow the money for whatsoever thy soul desireth, for oxen, or for sheep, or for wine, or for strong drink, or for whatsoever thy soul asketh of thee; and thou shalt eat there before Jehovah thy God, and thou shalt rejoice, thou and thy household. その金をすべてあなたの好む物に換えなければならない。すなわち牛、羊、ぶどう酒、濃い酒など、すべてあなたの欲する物に換え、その所であなたの神、主の前でそれを食べ、家族と共に楽しまなければならない。
14-27 And the Levite that is within thy gates, thou shalt not forsake him; for he hath no portion nor inheritance with thee. 町の内におるレビびとを捨ててはならない。彼はあなたがたのうちに分がなく、嗣業を持たない者だからである。
14-28 At the end of every three years thou shalt bring forth all the tithe of thine increase in the same year, and shalt lay it up within thy gates: 三年の終りごとに、その年の産物の十分の一を、ことごとく持ち出して、町の内にたくわえ、
14-29 and the Levite, because he hath no portion nor inheritance with thee, and the sojourner, and the fatherless, and the widow, that are within thy gates, shall come, and shall eat and be satisfied; that Jehovah thy God may bless thee in all the work of thy hand which thou doest. あなたがたのうちに分け前がなく、嗣業を持たないレビびと、および町の内におる寄留の他国人と、孤児と、寡婦を呼んで、それを食べさせ、満足させなければならない。そうすれば、あなたの神、主はあなたが手で行うすべての事にあなたを祝福されるであろう。