The Fifth Book of Moses, called Deuteronomy
申命記 第23章

23-1 He that is wounded in the stones, or hath his privy member cut off, shall not enter into the assembly of Jehovah. すべて去勢した男子は主の会衆に加わってはならない。
23-2 A bastard shall not enter into the assembly of Jehovah; even to the tenth generation shall none of his enter into the assembly of Jehovah. 私生児は主の会衆に加わってはならない。その子孫は十代までも主の会衆に加わってはならない。
23-3 An Ammonite or a Moabite shall not enter into the assembly of Jehovah; even to the tenth generation shall none belonging to them enter into the assembly of Jehovah for ever: アンモンびととモアブびとは主の会衆に加わってはならない。彼らの子孫は十代までも、いつまでも主の会衆に加わってはならない。
23-4 because they met you not with bread and with water in the way, when ye came forth out of Egypt, and because they hired against thee Balaam the son of Beor from Pethor of Mesopotamia, to curse thee. これはあなたがたがエジプトから出てきた時に、彼らがパンと水を携えてあなたがたを道に迎えず、アラム・ナハライムのペトルからベオルの子バラムを雇って、あなたをのろわせようとしたからである。
23-5 Nevertheless Jehovah thy God would not hearken unto Balaam; but Jehovah thy God turned the curse into a blessing unto thee, because Jehovah thy God loved thee. しかし、あなたの神、主はバラムの言うことを聞こうともせず、あなたの神、主はあなたのために、そののろいを変えて、祝福とされた。あなたの神、主があなたを愛されたからである。
23-6 Thou shalt not seek their peace nor their prosperity all thy days for ever. あなたは一生いつまでも彼らのために平安をも、幸福をも求めてはならない。
23-7 Thou shalt not abhor an Edomite; for he is thy brother: thou shalt not abhor an Egyptian, because thou wast a sojourner in his land. あなたはエドムびとを憎んではならない。彼はあなたの兄弟だからである。またエジプトびとを憎んではならない。あなたはかつてその国の寄留者であったからである。
23-8 The children of the third generation that are born unto them shall enter into the assembly of Jehovah. そして彼らが産んだ子どもは三代目には、主の会衆に加わることができる。
23-9 When thou goest forth in camp against thine enemies, then thou shalt keep thee from every evil thing. 敵を攻めるために出て陣営におる時は、すべての汚れた物を避けなければならない。
23-10 If there be among you any man, that is not clean by reason of that which chanceth him by night, then shall he go abroad out of the camp, he shall not come within the camp: あなたがたのうちに、夜の思いがけない事によって身の汚れた人があるならば、陣営の外に出なければならない。陣営の内に、はいってはならない。
23-11 but it shall be, when evening cometh on, he shall bathe himself in water; and when the sun is down, he shall come within the camp. しかし、夕方になって、水で身を洗い、日が没して後、陣営の内に、はいることができる。
23-12 Thou shalt have a place also without the camp, whither thou shalt go forth abroad: あなたはまた陣営の外に一つの所を設けておいて、用をたす時、そこに出て行かなければならない。
23-13 and thou shalt have a paddle among thy weapons; and it shall be, when thou sittest down abroad, thou shalt dig therewith, and shalt turn back and cover that which cometh from thee: また武器と共に、くわを備え、外に出て、かがむ時、それをもって土を掘り、向きをかえて、出た物をおおわなければならない。
23-14 for Jehovah thy God walketh in the midst of thy camp, to deliver thee, and to give up thine enemies before thee; therefore shall thy camp be holy, that he may not see an unclean thing in thee, and turn away from thee. あなたの神、主があなたを救い、敵をあなたにわたそうと、陣営の中を歩まれるからである。ゆえに陣営は聖なる所として保たなければならない。主があなたのうちにきたない物のあるのを見て、離れ去られることのないためである。
23-15 Thou shalt not deliver unto his master a servant that is escaped from his master unto thee: 主人を避けて、あなたのところに逃げてきた奴隷を、その主人にわたしてはならない。
23-16 he shall dwell with thee, in the midst of thee, in the place which he shall choose within one of thy gates, where it pleaseth him best: thou shalt not oppress him. その者をあなたがたのうちに、あなたと共におらせ、町の一つのうち、彼が好んで選ぶ場所に住ませなければならない。彼を虐待してはならない。
23-17 There shall be no prostitute of the daughters of Israel, neither shall there be a sodomite of the sons of Israel. イスラエルの女子は神殿娼婦となってはならない。またイスラエルの男子は神殿男娼となってはならない。
23-18 Thou shalt not bring the hire of a harlot, or the wages of a dog, into the house of Jehovah thy God for any vow: for even both these are an abomination unto Jehovah thy God. 娼婦の得た価または男娼の価をあなたの神、主の家に携えて行って、どんな誓願にも用いてはならない。これはともにあなたの神、主の憎まれるものだからである。
23-19 Thou shalt not lend upon interest to thy brother; interest of money, interest of victuals, interest of anything that is lent upon interest: 兄弟に利息を取って貸してはならない。金銭の利息、食物の利息などすべて貸して利息のつく物の利息を取ってはならない。
23-20 unto a foreigner thou mayest lend upon interest; but unto thy brother thou shalt not lend upon interest, that Jehovah thy God may bless thee in all that thou puttest thy hand unto, in the land whither thou goest in to possess it. 外国人には利息を取って貸してもよい。ただ兄弟には利息を取って貸してはならない。これはあなたが、はいって取る地で、あなたの神、主がすべてあなたのする事に祝福を与えられるためである。
23-21 When thou shalt vow a vow unto Jehovah thy God, thou shalt not be slack to pay it: for Jehovah thy God will surely require it of thee; and it would be sin in thee. あなたの神、主に誓願をかける時、それを果すことを怠ってはならない。あなたの神、主は必ずそれをあなたに求められるからである。それを怠るときは罪を得るであろう。
23-22 But if thou shalt forbear to vow, it shall be no sin in thee. しかし、あなたが誓願をかけないならば、罪を得ることはない。
23-23 That which is gone out of thy lips thou shalt observe and do; according as thou hast vowed unto Jehovah thy God, a freewill-offering, which thou hast promised with thy mouth. あなたが口で言った事は守って行わなければならない。あなたが口で約束した事は、あなたの神、主にあなたが自発的に誓願したのだからである。
23-24 When thou comest into thy neighbor’s vineyard, then thou mayest eat of grapes thy fill at thine own pleasure; but thou shalt not put any in thy vessel. あなたが隣人のぶどう畑にはいる時、そのぶどうを心にまかせて飽きるほど食べてもよい。しかし、あなたの器の中に取り入れてはならない。
23-25 When thou comest into thy neighbor’s standing grain, then thou mayest pluck the ears with thy hand; but thou shalt not move a sickle unto thy neighbor’s standing grain. あなたが隣人の麦畑にはいる時、手でその穂を摘んで食べてもよい。しかし、あなたの隣人の麦畑にかまを入れてはならない。