The First Book of Moses, called Numbers
民数記 第13章

13-1 And Jehovah spake unto Moses, saying, 主はモーセに言われた、
13-2 Send thou men, that they may spy out the land of Canaan, which I give unto the children of Israel: of every tribe of their fathers shall ye send a man, every one a prince among them. 「人をつかわして、わたしがイスラエルの人々に与えるカナンの地を探らせなさい。すなわち、その父祖の部族ごとに、すべて彼らのうちのつかさたる者ひとりずつをつかわしなさい」。
13-3 And Moses sent them from the wilderness of Paran according to the commandment of Jehovah: all of them men who were heads of the children of Israel. モーセは主の命にしたがって、パランの荒野から彼らをつかわした。その人々はみなイスラエルの人々のかしらたちであった。
13-4 And these were their names: Of the tribe of Reuben, Shammua the son of Zaccur. 彼らの名は次のとおりである。ルベンの部族ではザックルの子シャンマ、
13-5 Of the tribe of Simeon, Shaphat the son of Hori. シメオンの部族ではホリの子シャパテ、
13-6 Of the tribe of Judah, Caleb the son of Jephunneh. ユダの部族ではエフンネの子カレブ、
13-7 Of the tribe of Issachar, Igal the son of Joseph. イッサカルの部族ではヨセフの子イガル、
13-8 Of the tribe of Ephraim, Hoshea the son of Nun. エフライムの部族ではヌンの子ホセア、
13-9 Of the tribe of Benjamin, Palti the son of Raphu. ベニヤミンの部族ではラフの子パルテ、
13-10 Of the tribe of Zebulun, Gaddiel the son of Sodi. ゼブルンの部族ではソデの子ガデエル、
13-11 Of the tribe of Joseph, namely, of the tribe of Manasseh, Gaddi the son of Susi. ヨセフの部族すなわち、マナセの部族ではスシの子ガデ、
13-12 Of the tribe of Dan, Ammiel the son of Gemalli. ダンの部族ではゲマリの子アンミエル、
13-13 Of the tribe of Asher, Sethur the son of Michael. アセルの部族ではミカエルの子セトル、
13-14 Of the tribe of Naphtali, Nahbi the son of Vophsi. ナフタリの部族ではワフシの子ナヘビ、
13-15 Of the tribe of Gad, Geuel the son of Machi. ガドの部族ではマキの子ギウエル。
13-16 These are the names of the men that Moses sent to spy out the land. And Moses called Hoshea the son of Nun Joshua. 以上はモーセがその地を探らせるためにつかわした人々の名である。そしてモーセはヌンの子ホセアをヨシュアと名づけた。
13-17 And Moses sent them to spy out the land of Canaan, and said unto them, Get you up this way by the South, and go up into the hill-country: モーセは彼らをつかわし、カナンの地を探らせようとして、これに言った、「あなたがたはネゲブに行って、山に登り、
13-18 and see the land, what it is; and the people that dwell therein, whether they are strong or weak, whether they are few or many; その地の様子を見、そこに住む民は、強いか弱いか、少ないか多いか、
13-19 and what the land is that they dwell in, whether it is good or bad; and what cities they are that they dwell in, whether in camps, or in strongholds; また彼らの住んでいる地は、良いか悪いか。人々の住んでいる町々は、天幕か、城壁のある町か、
13-20 and what the land is, whether it is fat or lean, whether there is wood therein, or not. And be ye of good courage, and bring of the fruit of the land. Now the time was the time of the first-ripe grapes. その地は、肥えているか、やせているか、そこには、木があるかないかを見なさい。あなたがたは、勇んで行って、その地のくだものを取ってきなさい」。時は、ぶどうの熟し始める季節であった。
13-21 So they went up, and spied out the land from the wilderness of Zin unto Rehob, to the entrance of Hamath. そこで、彼らはのぼっていって、その地をチンの荒野からハマテの入口に近いレホブまで探った。
13-22 And they went up by the South, and came unto Hebron; and Ahiman, Sheshai, and Talmai, the children of Anak, were there. (Now Hebron was built seven years before Zoan in Egypt.) 彼らはネゲブにのぼって、ヘブロンまで行った。そこにはアナクの子孫であるアヒマン、セシャイ、およびタルマイがいた。ヘブロンはエジプトのゾアンよりも七年前に建てられたものである。
13-23 And they came unto the valley of Eshcol, and cut down from thence a branch with one cluster of grapes, and they bare it upon a staff between two; they brought also of the pomegranates, and of the figs. ついに彼らはエシコルの谷に行って、そこで一ふさのぶどうの枝を切り取り、これを棒をもって、ふたりでかつぎ、また、ざくろといちじくをも取った。
13-24 That place was called the valley of Eshcol, because of the cluster which the children of Israel cut down from thence. イスラエルの人々が、そこで切り取ったぶどうの一ふさにちなんで、その所はエシコルの谷と呼ばれた。
13-25 And they returned from spying out the land at the end of forty days. 四十日の後、彼らはその地を探り終って帰ってきた。
13-26 And they went and came to Moses, and to Aaron, and to all the congregation of the children of Israel, unto the wilderness of Paran, to Kadesh; and brought back word unto them, and unto all the congregation, and showed them the fruit of the land. そして、パランの荒野にあるカデシにいたモーセとアロン、およびイスラエルの人々の全会衆のもとに行って、彼らと全会衆とに復命し、その地のくだものを彼らに見せた。
13-27 And they told him, and said, We came unto the land whither thou sentest us; and surely it floweth with milk and honey; and this is the fruit of it. 彼らはモーセに言った、「わたしたちはあなたが、つかわした地へ行きました。そこはまことに乳と蜜の流れている地です。これはそのくだものです。
13-28 Howbeit the people that dwell in the land are strong, and the cities are fortified, and very great: and moreover we saw the children of Anak there. しかし、その地に住む民は強く、その町々は堅固で非常に大きく、わたしたちはそこにアナクの子孫がいるのを見ました。
13-29 Amalek dwelleth in the land of the South: and the Hittite, and the Jebusite, and the Amorite, dwell in the hill-country; and the Canaanite dwelleth by the sea, and along by the side of the Jordan. またネゲブの地には、アマレクびとが住み、山地にはヘテびと、エブスびと、アモリびとが住み、海べとヨルダンの岸べには、カナンびとが住んでいます」。
13-30 And Caleb stilled the people before Moses, and said, Let us go up at once, and possess it; for we are well able to overcome it. そのとき、カレブはモーセの前で、民をしずめて言った、「わたしたちはすぐにのぼって、攻め取りましょう。わたしたちは必ず勝つことができます」。
13-31 But the men that went up with him said, We are not able to go up against the people; for they are stronger than we. しかし、彼とともにのぼって行った人々は言った、「わたしたちはその民のところへ攻めのぼることはできません。彼らはわたしたちよりも強いからです」。
13-32 And they brought up an evil report of the land which they had spied out unto the children of Israel, saying, The land, through which we have gone to spy it out, is a land that eateth up the inhabitants thereof; and all the people that we saw in it are men of great stature. そして彼らはその探った地のことを、イスラエルの人々に悪く言いふらして言った、「わたしたちが行き巡って探った地は、そこに住む者を滅ぼす地です。またその所でわたしたちが見た民はみな背の高い人々です。
13-33 And there we saw the Nephilim, the sons of Anak, who come of the Nephilim: and we were in our own sight as grasshoppers, and so we were in their sight. わたしたちはまたそこで、ネピリムから出たアナクの子孫ネピリムを見ました。わたしたちには自分が、いなごのように思われ、また彼らにも、そう見えたに違いありません」。